Simplicityのスキン「Green Green」

Simplicityのスキン「Green Green」を作ってみました。そのまま使ってもOKですし、ご自由にカスタマイズしてもOKです。もちろん無料ですので、個人でも商用でもどうぞ使ってあげてください。ご利用は全て自己責任でお願いします。

スキンは下記からダウンロードしてください。ダウンロードしたスキンを解凍し、「themes」>「simplicity2-child」>「skins」へアップし、スキンを適用してご利用ください。

ダウンロードページリンク>>シンプルで美しい「Simplicityのスキン」を「4種類」作ってみました。 – やってみたログ

※右サイドメニュー上部(スマホの場合はページ下部)にある「ヘッダー背景切り替え」でヘッダー背景変更の擬似体験が可能です。

※スマホ・タブレットでご覧の方へは広告が表示されますが、このサイトで使用している無料サーバー(Xdomain)の仕様です。スキンやSimplicityとは全く関係ありません。

※このスキンは私が個人的に作成したもので、Simplicityのサポート対象外です。

※以下の文章は、レイアウト確認用のダミー文章です。

見出し(H2要素)

この文章はダミーです。文字の大きさ、量、字間、行間等を確認するために入れています。この文章はダミーです。文字の大きさ、量、字間、行間等を確認するために入れています。この文章はダミーです。文字の大きさ、量、字間、行間等を確認するために入れています。

見出し(H3要素)

この文章はダミーです。文字の大きさ、量、字間、行間等を確認するために入れています。この文章はダミーです。文字の大きさ、量、字間、行間等を確認するために入れています。この文章はダミーです。文字の大きさ、量、字間、行間等を確認するために入れています。

見出し(H4要素)

この文章はダミーです。文字の大きさ、量、字間、行間等を確認するために入れています。この文章はダミーです。文字の大きさ、量、字間、行間等を確認するために入れています。この文章はダミーです。文字の大きさ、量、字間、行間等を確認するために入れています。

見出し(H5要素)

この文章はダミーです。文字の大きさ、量、字間、行間等を確認するために入れています。この文章はダミーです。文字の大きさ、量、字間、行間等を確認するために入れています。この文章はダミーです。文字の大きさ、量、字間、行間等を確認するために入れています。

  • この文章はダミーです。
  • この文章はダミーです。
  • この文章はダミーです。
  1. この文章はダミーです。
  2. この文章はダミーです。
  3. この文章はダミーです。

コメント

  1. […] 本ブログをはてなダイアリーから、自分が借りているレンタルサーバー(エックスサーバー)で運用するWordPressに移した。 基本的に、エックスサーバーでWordPressを使うのは簡単で、いくつかの項目を入力してボタンを押せばサーバーにインストールされる。ただ、WordPressをインストールした後でいろいろとカスタマイズする必要がある。まずテーマをどうするかということで、ブログをWordPressに移すことを決めてからわりと真剣に探してみたら、Simplicityというテーマを見つけた。出回っているWordPressのテーマの多くが、見栄えはいいがテキストメインのブログにはあまり適さない、というようなものだと感じたのだが、Simplicityは質実剛健というか、シンプルかつブログのメインコンテンツを邪魔しない、というものになっている。そして、スキンは今までのブログのデザインと似たようなGreen Greenを使うことにした。 あと、プラグインは、「Category Order and Taxonomy Terms Order」と「Jetpack by WordPress.com」をインストールした。「Category Order and Taxonomy Terms Order」は個人的には必ずインストールするプラグイン。Jetpackはちょっとお試し的に。他にも必要があれば入れていく。 記事の移転は、はてなダイアリーからMovable Type形式でエクスポートして、それをWordPressにインポートする、というかたち。記事数が3800くらいあったが、べらぼうに時間はかからなかった。ただ、200くらいの記事の日付が1970/01/01 00:00:00になってしまい。それを正しい日付に手動で直すのに数時間かかった。画像なんかははてなフォトライフに置きっぱなしで、これを直すべきなのか、そのままにしておくかは考え中。 Seesaaブログ→はてなダイアリー→WordPressという変遷を辿っている本ブログであるが、おそらくこれが最後の移転になると思う。 […]